更年期障害に効くサプリメントを摂取してホルモンバランスを整える

婦人

閉経前後にあらわれる症状

漢方

症状と改善

更年期障害に悩む女性は、少なくありません。女性の身体は、女性ホルモンの影響で体調に変化があらわれやすいものです。初潮から始まり、妊娠や出産、そして閉経といった節目で女性ホルモンの分泌がバランスを崩してしまうのです。エストロゲンという女性ホルモンが不足することで、イライラや不安、不眠などの精神的な不調や、頭痛や発汗、のぼせといった体の変化がみられます。更年期障害は女性であれば、誰でもなる可能性を持っています。しかし症状のあらわれ方には個人差があり、さほど気にならない人もいれば起き上がることが難しく、外出できないほどに症状が重い人もいます。更年期障害の改善に漢方が用いられることも多く、副作用が少ないことやドラックストアなどでも手軽に手に入ることが人気の理由です。

ストレスをなくす工夫

更年期障害の症状の個人差には、その人の性格や体質が深く関わっている場合があります。ストレスが症状の悪化を進めてしまいますが、症状の重い人はストレスを受けやすい性格であったり、ストレスの多い環境におかれている可能性があります。漢方薬によって症状の改善を試みるのと同時に、リラックスできる環境を整えるなどの工夫が必要です。真面目に仕事や家事をこなす人や几帳面な人ほど更年期障害の症状が重いと考えられています。市販の漢方薬で様子を見ても症状が改善しないようであれば、病院やクリニックで診察を受けカウンセリングなどを利用することも一つの方法です。病院でも漢方薬が処方されることが多いですが、ほかにもホルモン補充療法などもあるため、適した治療を受けることで体調やメンタル面の安定につながります。