更年期障害に効くサプリメントを摂取してホルモンバランスを整える

婦人

ネット注文も可能に

栄養剤

主なものは女性ホルモン

更年期障害にはいろいろな薬で対処することができます。更年期障害の原因は、女性ホルモンであるエストロゲンの量が加齢にともなって減っていくということです。したがって、薬によって女性ホルモンを補給したり、女性ホルモンそのものではなくても似たような効果のある薬を服用したりすれば、更年期障害によって起こる不定愁訴を改善することができます。また、直接女性ホルモンと関わる働きを持っていなくても、更年期障害の症状をやわらげることの可能な薬もあります。それは、気持ちをリラックスさせて穏やかにする生薬やハーブなどからつくられた薬です。更年期障害の症状には精神面に現れるものもあるので、こうしたメンタルに働きかける薬も役に立ちます。

結合型エストロゲンとは

植物の中には、女性ホルモンと同じような作用を持つ成分を含んでいるものがあります。イソフラボンで有名な大豆もそのひとつです。大豆のイソフラボンは植物性エストロゲンの1種なので、女性の体内でエストロゲンに準じる効果を発揮し、更年期障害の症状をやわらげてくれます。最近では、大豆イソフラボンがさらに吸収しやすい形に変化したエクオールを配合した薬も更年期障害に効くとして人気があります。植物性エストロゲン以外に、結合型のエストロゲンを薬で直接補うという方法もあります。結合型エストロゲン製剤は、更年期障害の治療用に開発された歴史のある薬です。最近は、インターネット上で購入することもできるようになっています。